自分のタイプを知れば無敵!?4つの学習タイプ

おすすめ記事

こんにちは、さとです。

 

今日は「4つの学習タイプ

についてお話しします。

 

 

4つのタイプを理解し、

自分がどれか知っておくと、

 

新しく何かを始める時も

スムーズに始められ、

人にも行動を促しやすいです。

 

この4つの学習タイプを活用する方法も

お伝えするので、ぜひ最後までご覧ください。

そもそも4つの学習タイプとは?

そもそも学習タイプとはなんでしょうか?

 

人は何かを学習するとき、

物事の理解の仕方だったり、

 

学習するための動機付けが

人によって違います。

 

 

例えば、学校の授業にしても、

 

なぜ勉強しないといけないのか?

が気になる人もいれば、

 

勉強が将来の役に立つという

確証が欲しい人や、

 

 

どうやって勉強をしたら良いのか、

方法を教えて欲しい人もいます。

 

同じように勉強をするとしても、

自分が納得できる理由や動機付けは

人それぞれ違います。

 

自分がどのタイプなのかを知ると、

 

新しく物事にチャレンジする時も

取り組みやすく、結果も出しやすいです。

 

 

どうやったら人は行動するのか?

が分かり、個別にアプローチできるので、

 

ブログアフィリエイトにも活かせます。

読者に行動を促すことができるのです。

なぜタイプ

それでは、まず1つ目のタイプ。

 

「なぜタイプ」では、何かを学習したり

行動を起こすときに、

 

「なぜ、それをすべきなのか?」

と理由を求めます。

 

 

・なぜそれを学ぶ必要があるのか?

・それをすると、どんなメリットがあるのか?

・逆に、やらないとどんなデメリットがあるか?

 

何か行動するにしても、

することのメリットと

 

しなかったときのデメリットが

はっきり分からないと行動に移せません。

 

 

例えば、

ダイエットしてメタボ解消しましょう。

そうすれば女性からモテます。

 

とあると、ダイエットの動機が明確になり、

「なぜタイプ」の人は行動に移せます。

 

何タイプ

次に、「何タイプ」の場合は、

証拠、証明、データなどを求めます。

 

行動する前に、ちゃんとデータや

根拠がなければ、やる気が起きません。

 

 

先ほどのダイエットも、「何タイプ」の人だと

 

脱メタボのために筋トレをすると、

テストステロンという男性ホルモンが増え、

男性としての魅力が高まり、

本能的に女性からモテるようになります。

 

 

という風に、根拠やデータがないと

納得して行動に移せません。

 

しかし、証拠を知ったらそれで満足して

行動に移さない…ということもあります。

 

どうやってタイプ

「どうやってタイプ」の人は、

具体的な方法やステップを求めます。

 

プロセス、手順、方法、やり方、

という言葉に反応しやすいです。

 

どうやってそれをするのか?

 

行動する理由や証拠より、

具体的な方法を伝えることで行動に移せます。

 

 

ダイエットしてメタボ解消しましょう。

方法は、

①食事や生活習慣を見なおす

②ストレッチで体をほぐす

③筋トレをする

④有酸素運動をする

という順番でやりましょう。

 

と順序立てて伝えると、

「どうやってタイプ」の人は行動に移せます。

 

今すぐタイプ

「今すぐにタイプ」の人は、

とりあえず今すべきことを求めます。

 

今からやるべきことを教えてあげると、

頭でいろいろ考える前に行動に移します。

 

 

例えば、

ダイエットしてメタボ解消しましょう。

まずはパーソナルトレーナーに頼むことです。

中でも〇〇がオススメです。

食事指導とトレーニングの指導を受けましょう。

まずは入会手続きです。

 

という風に、今すぐすべきことを伝えると

「今すぐタイプ」の人は行動に移せます。

 

 

このタイプの人は、深く考えず

とりあえず行動するので

失敗することもありますが、

 

他のタイプより行動量が多く、

成功に近付くのが早いタイプです。

 

4つの学習タイプをビジネスに活かすと?

さて、学習タイプにはそれぞれ、

 

①なぜ

②何

③どうやって

④今すぐ

 

この4つがあるとお伝えしました。

 

自分がどのタイプか知っていると

新しいチャレンジや学習もしやすくなります。

 

 

他の人も同様にそれぞれ

自分の学習タイプがあるので、

 

この4つのタイプに沿って、

記事を書いたりコンテンツを作ると

 

誰でも理解しやすく、行動に移しやすいです。

 

 

理由、根拠、具体的な方法

そして今からすべきこと。

 

これらの要素が会話や文章に入っていると

人は必要性を感じ、納得して行動します。

 

先ほどの「ダイエットでメタボ解消」の話だと、

 

 

①<なぜ>

ダイエットしてメタボ解消しましょう。

そうすれば女性からモテます。

 

②<何>

脱メタボのために筋トレをすると、

テストステロンという男性ホルモンが増え、

男性としての魅力が高まり、

本能的に女性からモテるようになります。

 

 

③<どうやって>

ダイエットの方法は、

①食事や生活習慣を見なおす

②ストレッチで体をほぐす

③筋トレをする

④有酸素運動をする

という順番でやりましょう。

 

④<今すぐ>

まずはパーソナルトレーナーに頼むことです。

中でも〇〇がオススメです。

食事指導とトレーニングの指導を受けるために

まずは入会手続きをしましょう。

 

 

このように4つの学習タイプを想定し、

文章などにすると人は行動しやすくなるのです。

 

さて、あなたもご自分のコンテンツに

4つの学習タイプ

を活かしてみてはいかがでしょうか?

 

今日も最後までご覧いただき

ありがとうございました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
私のLINE@では
 
ネットビジネスを始めたい方や
初心者に向けて情報発信をしています!
 
「ネットビジネスとはどんなもの?」
という相談にも乗ります。
 
無料で登録できるので
ぜひ登録してチェックしてくださいね♪
 
↓「Sato.A 公式LINE@通信」はこちら↓
 
友だち追加
 
※個人情報はこちらからは
分からないようになっているので
安心して登録していただけます。