あなたの成功を邪魔する《ドリームキラー》の対処法

マインド

こんにちは、さとです。

 

あなたは「ドリームキラー」という言葉を知っていますか?

 

今回の話は、あなたが

ビジネスで成功したいなら、知っておかなければならない話です。

 

あなたもこんな経験がありませんか?

 

◎ 家族に「起業なんて怖いからやめてほしい」と言われた。

◎ 友達に相談したら「ネットビジネスって詐欺じゃね?」と言われた。

◎ 「お前みたいな一般人はどうせ成功出来ない」と言われた。

◎ 恋人に「そんなよく分からない怪しい事するなら別れる!」と怒られた。

◎ 親に「ちゃんとした会社で働いてよ!」と言われた。

 

 

こんな風に、家族・友人・恋人など周りの親しい人から反対されて、

 

会社にとどまり続け、

毎日、嫌々出勤する…

 

そして、ネットビジネスで稼いでいる人の成功談を見聞きして、

あの時、自分も挑戦してたら…今頃きっと…

なんて後悔する人が多いのです。

 

 

今回お話しする《ドリームキラーの対処法》を知らなければ、

 

周りの人に気をつかいながら、

自分のやりたい事は押し殺して生きていかねばならず、

 

ただ毎日が同じように過ぎていきます。

 

給料は上がらないのに税金は増えていき

生活費、教育費、車や家のローン支払い、親の介護など

自分のお金は出ていく一方です…

 

 

40〜50代になる頃には、リストラの心配に加えて

あなたの仕事が、AI(人工知能)に取って変わられてしまうかもしれません。

 

10〜20年後に、日本の労働人口の49%が就いている国内の職業において、

人工知能もしくはロボットで代替可能であることが明らかになっています。

日本は創造性・専門性に欠ける仕事に従事する人の割合が欧米と比べて高く、

近い将来、人工知能に仕事を奪われる労働者の数がもっとも多い国であることが分かります。

 

やっと転職先を見つけたものの、収入は以前より大幅にダウン

家のローンもまだまだあるのに、親の介護も始まります。

 

貯金どころが、生活費とローン返済でカツカツです。

以前は年に数回あった家族旅行もなくなり

自分の趣味にもお金が使えず…

 

(下手したらバイトしてる子供の方が、お小遣い多いかもしれません…)

 

はっきり言って貧乏な生活です…

奥さん、子供との会話も減って家庭も冷え込みます。

 

 

何のために自分は生きてるんだろう…

とネガティブになって、

 

最終的にはうつ病になったり、体調を崩して

もう仕事なんて出来ない状態に…

 

 

あの時、周りの目なんか気にせずに

思い立った時に、やりたい事に挑戦していれば…

 

と毎晩一人、涙で枕を濡らして後悔する。

 

 

という現実が待っているかもしれません。

 

実際に、インターネット上であろうと、

リアルのビジネスでも

しっかり成功してる人は、

 

周りの人にめちゃくちゃ反対されても

自分のやりたい事を押し切って、取り組んでいるんです。

 

もちろん、家族や友人、恋人など

いろんな人に反対されています。

 

しかし、そんな状態でも《ドリームキラー》に打ち勝ち

成功を手に入れているのです。

 

 

それでは、そんな《ドリームキラー》の対処法をお伝えするので、

知りたい方は、どうぞ最後までご覧ください。

 

そもそも、ドリームキラーとは何なのか?

あなたの身近にも、自分の夢や目標を

 

どうせ出来っこない」と決めつけてきたり、

それは常識はずれだ!!」と言ってくる人がいるかもしれませんね。

 

では、そもそもドリームキラーとはどんな人のことなのでしょうか?

 

ドリームキラー(Dream Killer)は直訳すると

夢を殺す人となります。恐ろしい響きですね…!

 

 

その名のとおり、夢や目標を持って頑張っている人の

やる気を奪ってしまう恐ろしい人のことです。

 

ドリームキラーにとって、あなたが成功し

「現在のあなた」から変わってしまうことは

何としても避けたいことなのです。

 

人間は慣れ親しんだ環境(コンフォートゾーン)が変化したり

身近な人の変化を無意識的に恐れ、嫌います。

 

 

そして多くの人は、自分の常識や価値観から

大きく逸脱したことには不快感を示します。

 

この不快感を解消するために、

自分にはない常識や価値観を否定するのです。

 

《ドリームキラー》がどんなものか分かったら、

 

「そんなこと私の成功に全然関係ないやん!!」

「自分の価値観、押し付けてくるなって!!」

 

とムカムカしてくるかもしれませんね(笑)

 

 

ドリームキラーの対処法

そんなドリームキラーの対処法ですが

結論から言うと、2つあります。

 

  1. 反対されて当たり前だと割り切る。
  2. 応援してくれる人に相談する。

 

例えば、インターネットを使って効率よくビジネスをしたい。

でも家族や、周りの人に反対される…

 

それは、その人たちにとって「非常識」だからです。

 

その人の常識は、

会社で汗水たらして、しんどい思いをしながら働くのが仕事

 

そう思っている人からすると、

苦労せず稼ごうなんて、人間のクズが考えることだ!!

 

否定することで、自分の常識を守ろうとするのです。

 

 

そもそも、人間の常識というものは

今までの人生で寄せ集めてきた偏見の塊です。

 

例えば、両親がプロの音楽家なら

子供が音楽で生活していく!!と言っても普通ですが

 

一般的なサラリーマンの家庭だと

「音楽一本で生活できる訳がない!やめとけ!!」

となるのです。

 

 

ずっと都会で生活している家庭で

都会っ子でサラリーマンの子供が急に、

 

「会社を辞めて、田舎暮らししようと思うんだ!」

 

と言えば、

なんでそんな所に行くの??と身近な人ほど反対します。

 

 

つまり常識というものは、その程度のものなんです。

私たちは無意識に、周りの環境を常識と捉えてしまっているのです。

 

成功するためには、どんな人に相談すればいいのか?

何か挑戦したいことがあるんだけど

周りはドリームキラーが多いかも…

 

じゃあ、どんな人に相談をしていけばいいのか?

 

それは、実際にそれに取り組んでいる人です。

 

上のようなドリームキラーに相談したところで

反対され、否定され、やる気をそがれて終わりです。

 

仮に、会社を辞めて起業したいなら

実際に起業している人に相談すれば良いのです。

 

 

その時の注意点としては、

 

あの時起業したから、今の楽しい人生がある!やって良かった!

 

と、起業して良かったと思っている人に相談することです。

 

海外留学に置きかえてみましょう。

 

海外留学を機に、海外で生活しているような

留学経験を活かしてエンジョイしてる友達に、

 

 

「自分も留学したいと思っているんだけど…」

と相談したらどうでしょう?

 

「絶対いいよ!!良い経験になるから行っておいで!」

と背中を推してくれるでしょう。

 

逆に、海外に行ったことがない人に相談すると

「危ないし、心配だから辞めときなよ〜」

となるのです。

 

 

同じように、海外で食あたりして、面白くなかったな〜

と思っている人に相談しても

 

「お腹壊して、つまらなかった。何も楽しくなかったわー」

と言われるでしょう…

 

 

話をビジネスに戻しますが、

私自身もビジネスの相談はドリームキラーではなく

すでにビジネスで起業してる人にしていました。

 

むしろドリームキラーには、あなたが実際に成功してしまうまで

夢や目標を話さなくても良いかもしれませんね(笑)

 

そのおかげで、自分が起業した時のことが容易にイメージ出来て、

そういう人たちに応援されながら、実際に起業することが出来たんです。

 

 

まとめ

今回はあなたの成功を邪魔する

《ドリームキラー》の対処法についてお話ししました。

 

大事なことは2つ

  1. 反対されて当たり前だと割り切る。
  2. 応援してくれる人に相談する。

この2点ですね。

 

起業したこともなければ、何の知識も持っていない…

そんな人の言うことはただの妄言です。

 

自分はやったことも無いくせに、あなたの足を引っ張るだけです。

 

 

なので、あなたも人生を変えたいと思うなら

 

その道で成功してエンジョイしている人に相談するしかないです!

 

さあ、まずは思い浮かぶ人を紙に書き出して、

相談相手を吟味してみてください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
私のLINE@ではネットビジネスを始めたい方や、初心者に向けて情報発信をしています!
「ネットビジネスとはどんなもの?」という相談にも乗ります。
 
無料で登録できるので、ぜひ登録してチェックしてくださいね♪
↓「Sato.A 公式LINE@通信」はこちら↓
 
友だち追加
 
※個人情報はこちらからは分からないようになっているので、安心して登録していただけます。