モノを売ることは善か悪か?ビジネスの罪悪感への対処法

ビジネス

こんにちは、さとです。

 

今回の話は

《ビジネスをすることへの罪悪感》

の対処法です。

 

《モノを売ることは善か悪か?》

について話していこうと思います。

 

 

多くの人が「ビジネス」というものに

罪悪感を持っています。

 

ビジネスって何となく

良くないイメージがあるとか、

 

ビジネスを始めようと思っても

今から自分がやることは正しいんだろうか…

 

と腑に落ちていなかったら、

絶対うまく行くはずはありません。

 

 

これからお話しすることを理解すれば

 

ビジネスへの罪悪感や

自己卑下の感情がなくなり

成功へのブロックを外すことができます。

 

自分のビジネスでも

収益を出すことが楽しくなり

 

思いつくまま新しい事業にも

取り組めるでしょう。

 

夢だった月収100万を達成し、

圧倒的な経済力と自由を手に入れます。

 

 

 

人の多い都会から移住して

大自然の中で田舎暮らしもできます。

 

気づいたら海外で

家族とまったりしながら

ノマドライフを満喫していた!!

 

 

 

なんてことも現実になってきます。

 

逆に、ビジネスへの罪悪感を

持ち続けたままだと、

 

私なんかが物を売って良いんだろうか…

 

素晴らしい物を提供しないと

お金を稼いではいけない…

 

なんて、ウジウジ悩みながら

何年も収益が出ず、楽しくもなく、

 

 

成功している人と自分を比べながら

 

やっぱり自分なんて

最初からダメだったんだ…

 

ビジネスを辞めてしまうかもしれません。

 

そして自由への可能性が消え、

つまらない日常が続くのです。

 

 

 

そうならないためにも

ビジネス=商売をする上で、

 

《モノを売ることは善か悪か?》

を理解し、

 

《ビジネスをすることへの罪悪感》

を手放さなければなりません。

 

 

結論から言うと、

資本主義経済において

モノを売ることは「善」です。

 

あなたはビジネスをする上で

罪悪感を感じる必要はないのです。

 

まだ、理解しがたいと思うので

詳しく話していきましょう。

 

まず、現代の商品のほとんどが

買い手が納得すれば価値がある。

 

と言うのは紛れもない事実です。

 

しかし極論を言うと、現代の商品に

だまして売っていないモノなど無いのです。

 

生存には直接必要のないもモノを

(スマホ、化粧品、車…etc)

 

欲しくなるように喚起して

ある意味だましている訳です(笑)

 

 

本来人間は最低限の衣食住、

つまり原始時代レベルの生活が

出来ていればOKのはずなんです。

 

しかしながら私たちは、

 

この商品ほしい!

これは便利だ!

これはカッコいい!

 

と思い込まされて

買いたくなってしまうのです。

 

 

大手のメーカーですら、

このようなやり方で

 

消費者の購買意欲をかきたて

経済を活性化しているのです。

 

しかし、この経済活動がなくなれば、

 

今日からスマホや

パソコンも使えなくなり

 

 

美味しいお寿司や焼肉、

スイーツやラーメンも食べられず

 

味付けなしの生肉や雑穀を食べ、

生きるためだけの栄養摂取をするのです。

 

安全な家や暖かい布団もなく

冷たく暗い洞穴で雨風をしのぎ

 

野生動物におびえながら眠ることになります。

 

 

そう考えると

各社が色々なモノを開発して、

 

生産、販売してくれるのは

とてもありがたいことです。

 

ゲームや小説、漫画を楽しんだり

カッコいい車や便利なガジェットも発表されます。

 

 

わざわざリゾート地まで行って

タイ式マッサージを受けることも出来るわけです。

 

新鮮でプリプリのお寿司高級和牛のステーキ

お金を払えばいつでも食べられます。

 

 

何も娯楽や楽しみがない人生なんて

とても耐えられないでしょう…

 

私たちもその恩恵を受けて

原始人から発展してきたと言えますね。

 

つまり、あなたが

ビジネスへの罪悪感を持っているのなら、

 

まだ、寒さにふるえ生肉を食べ、

野生動物におびえている人を

目の当たりにしながら

 

救いの手を差し伸べず、

見て見ぬふりをするのと同じようなものです。

 

 

自分がモノを売っていいんだろうか?

と迷っている暇があるなら、

 

あなたの知恵と経験で

新しい商品を作り、

 

今すぐにでも人の助けになる方が

ウジウジ悩むよりよっぽど良いのです。

 

 

さて、モノを売ることは善である

という話をしましたが、

 

中には、

自分が収益を受け取ることへの罪悪感

を持っている人もいるでしょう。

 

そのように考える人は、

 

お金を払った人(お客さん)が

お金を払うことで損をしている。

 

と思っている場合があります。

 

実際はお客さんも商品に価値を感じて

お金を払っているので対価交換です。

 

損をしているどころか

お金を払ってでも欲しいと思っています。

 

 

そんな人にも、

「お金を受け取れないので

取引(ビジネス)はしません。」

 

というのは残酷ではありませんか(笑)?

 

この場合も、収益を受け取って

ビジネスをすることが人の役に立ちます

 

 

さて、モノを売ることは善

という話を通して

 

ビジネスの罪悪感への対処法

をお話ししました。

 

すでにビジネスを始めている方は、

 

罪悪感をとっぱらって

どんどんビジネスを進めていきましょう。

 

 

まだこれから始めてみようという方は、

 

今はインターネット上でも

ビジネスができる時代なので

早速取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

あなたが何かビジネスを始めることで

役に立ったり、助かる人が沢山いるはずです。

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
私のLINE@では
 
ネットビジネスを始めたい方や
初心者に向けて情報発信をしています!
 
「ネットビジネスとはどんなもの?」
という相談にも乗ります。
 
無料で登録できるので
ぜひ登録してチェックしてくださいね♪
 
↓「Sato.A 公式LINE@通信」はこちら↓
 
友だち追加
 
※個人情報はこちらからは
分からないようになっているので
安心して登録していただけます。